超有名ブランドの紹介

ルイ・ヴィトンは、現在では日本でもかなり有名な部類に入るフランスのブランドになっていますがこのブランドが評価されたのが創設者の死後であったりと不遇な時代が長かったブランド

ルイ・ヴィトンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私達が暮らしている日本は、フランスなどヨーロッパ圏の国々に比べると海外でも有名なブランドというのは少ないのですがこのヨーロッパ圏の国々には、様々な分野における最高級ブランドと呼ばれるものが数多く存在していて、また、これに伴ってこれらのブランドを販売する企業やブランド品を作製する職人などが数多く存在しています。
そんな、ヨーロッパ圏の国々の中にあるフランスで誕生したブランドであり、日本でもとても認知度が高い有名なブランドに「ルイ・ヴィトン」と言うのがあります。
このルイ・ヴィトンというブランド名は、そのまま人名であり、このルイ・ヴィトンというブランドを興した人物が「マレティエ・ルイ・ヴィトン」という名称であったことからこのブランド名になったと言われています。
また、このルイ・ヴィトンという人物は、元々はフランスのスーツケース職人という職業をしていたのですがいろいろな経緯を経て、ルイ・ヴィトンというファッションブランドを創設しました。
このルイ・ヴィトンというブランドは、フランスに本社がある「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」という企業グループの中枢を担うブランドであり、年間の売上高が200億ドルを上回ることもある程の超ブランドであると言えると思います。
また、このルイ・ヴィトンというブランドが評価されるようになったのは、創設者であるルイ・ヴィトンが亡くなった後のことであると言われています。
元々、ヴィトン社は「グリ・トリアノン・キャンパス」という名称のトランク工場として創始されました。
これは、ルイ・ヴィトンがスーツケース職人であったことも関係していると言われています。
そして、1854年頃に世界で初の旅行用鞄の専門店をパリに創業しました。
そして、1867年に開催された「万国博覧会」で銅メダルを獲得したことによって、世界的に高評価を得ることができ、また、同じ時期にとある国の王侯貴族から注文を立て続けに受けたことで、この王侯貴族に重用されるようになったことも要因の一つになっていて、この時代に急激に規模を拡大したと言われています。
そして、1885年にヴィトン社はロンドンに進出しました。
そして、1889年に開催された「パリ万国博覧会」で金メダルを獲得しました。
そして、1914年には、パリのシャンゼリゼに世界最大のトラベル・グッズ専門店をオープンさせる程にまで、成長して名実ともにパリを代表するブランドになって行きました。
また、それから数十年の時がたった1978年頃になってやっと日本にルイ・ヴィトンの店がオープンしました。
このように、現在では、知らない人の方が圧倒的に少ないだろうという程に認知度が高く、人気も高いブランドのルイ・ヴィトンですが評価を受けたのが創始者の死後であったりと様々な苦労を乗り越えてここまで大きく成長させたということが分かりました。

関連情報

Copyright (C)2017超有名ブランドの紹介.All rights reserved.