超有名ブランドの紹介

地域を主に経済的な側面から捉えた場合に、生活者が認識する様々な地域イメージの総体のことを地域ブランドと言います。また、これは地域名と商品名を合わせたものがブランドネームに

地域の商品とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昔は、誰の物であるかを判別するための目印という役割以外はまったく意味のないものでしたが現在では、この目印がブランドという言葉に変わり、大量の商品の中で、良質で高級な商品につけられるマークということで、以前よりも遥かに重要なものになっています。
そんなブランドの一種に「地域ブランド」と呼ばれるブランドが存在しています。
この地域ブランドというものは、地域を主に経済的な側面から捉えた場合に、生活者が認識する様々な地域イメージの総体のことを言います。
この地域ブランドという言葉は、経営やマーケティング分野などで使われる「ブランド」派生した概念であるとされていて、「商品ブランド」や「企業ブランド」などのブランドと同様の体系や「ダイナミクス」を持っています。
このことから、その地域の特産品や観光地などの実態があるものに対して用いられるのが「地域ブランド」という言葉だと思われがちですがそれ以外にも、「食べ物が美味しそう」や「海がきれい」などの良いイメージを連想することが出来る地名や地形、その他の無形の資産のことを地域ブランドと称することもあるため、この地域ブランドというブランドの概念は非常に広いものであると言えると思います。
代表的な地域ブランドとしては、特定の地域で生産されている野菜や果物などや魚や肉などの「生鮮特産品」やそうした特産の素材や伝統の技術などを生かした手法で製造される加工食品などの商品、または、特定の地域で提供されている温泉地やリゾート地などのサービスのブランドなどが地域ブランドの代名詞とも言うべきものになっています。
このような地域ブランドは他のブランドとは異なり、地域名と商品名やサービス名が結びついたものをブランドネームとするのが一般的になっています。
例えば、「夕張メロン」や「宮崎牛」、「草津温泉」などが地域ブランドとして、全国でも有名だと思います。
また、この地域ブランドが関連する地理的範囲には、様々なレベルがあります。
これは、特定の港に水揚げされた特定の魚のみを指す場合もあれば、県全体で生産されている農作物を指す場合もあります。
例えば、同じ「牛」というブランドでも、「松阪牛」は地理的範囲が市町村レベルのブランドであり、「近江牛」の地理的範囲は県全体のレベルのブランドであるというように、地理的範囲に大きな違いが生じます。
このように、地域ブランドというのは高級なものという認識よりも、その地域を代表するありとあらゆるものに対してつけられるものであり、どちらかというとその地域のPRという面が強いのかもしれません。

Copyright (C)2017超有名ブランドの紹介.All rights reserved.