超有名ブランドの紹介

パテック・フィリップは、世界三大高級時計メーカーの一つであり、また、この三つのメーカーの中では、日本で最も高い評価を受けています。また、このメーカーは永久修理を掲げていま

パテック・フィリップの時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界中には、非常に様々な種類のブランドが多数存在しています。
そんな中でも、時計に関するブランドには「世界三大高級時計メーカー」と呼ばれる三つの時計メーカーがブランド物の時計の代名詞として存在しています。
その中の一つであるのがこの「パテック・フィリップ」であり、他には「オーデマ・ピゲ」と「ヴァシュロン・コンスタンタン」というメーカーであり、この三つのメーカーが世界三大高級時計メーカーとして有名になりました。
また、このヴァシュロン・コンスタンタンは、継続的に時計を製造してきたメーカーの中で世界最古のものであると言われています。
この世界三大高級時計メーカーと呼ばれる三つのメーカーの共通の特徴としては、一つは、形態に若干の違いはありますが創設者が2人であり、メーカーの名称にその2人の名前を組み合わせたものを使っているということ、二つ目は、この三つのメーカーの本拠地がいずれも「スイス」であるということが挙げられます。
つまり、世界を代表する三大高級時計メーカーを抱えているのはスイス1国ということであり、これは、スイスが世界最高の時計メーカーと時計職人を所有している国であるということで、世界を代表する時計のメッカであると言えると思います。
また、日本においてはこの世界三大高級時計メーカーの内、特にこのパテック・フィリップは、頭一つ抜け出た存在であるという評価を受けているようです。
このパテック・フィリップは、1839年にポーランド人である「アントワーヌ・ノルベール・ド・バテック」と「フランチシェック・チャペック」という2人によって創業されました。
また、このパテック・フィリップというメーカーは、どんなに古くなっていても自社の時計であれば例外なく修理することが出来るという「永久修理」を宣伝しているため、「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージを構築することに成功しました。
しかし、このパテック・フィリップも慈善事業で修理を請け負うわけではないため、保証期間が経過してしまうと当然有料修理になってしまいます。
また、部品を長期に渡って所持することを保証するものではないため、オリジナルの部品の在庫がなくなった時点で、それ以降の修理には、その時々で製造することが可能である代替部品を使っての部品交換という形になるため、最早オリジナル製品とは言えないものになってしまいますが他のメーカーであれば部品がなくなった時点で修理不可能になってしまうため、永久修理は伊達ではないと言えるかもしれません。
ですがその場合には、必要な代替部品を新たに製造するためのコストは個々のユーザーの負担になってしまうため、時計を購入した時の金額を大きく超えた修理代金を請求されるケースも多いという欠点があります。
このことから、このパテック・フィリップの時計を購入した場合は、ある一定期間を過ぎたら修理ではなく、新品を購入する方が妥当かもしれません。

Copyright (C)2017超有名ブランドの紹介.All rights reserved.